エンジニア求人の注目株!ブリッジSE

秘かにニーズが高まるブリッジSEとは?

近年密かにニーズが高まっているとされるIT系の職種が「ブリッジSE」です。ブリッジSEの求人が一般に公開されていることは少なく、非公開求人として水面下で募集が広がっているのが特徴です。ブリッジSEの仕事は、オフショア開発を依頼したい企業と受注する海外の企業やエンジニアをつなぐ橋渡し役です。エンジニア不足と人件費高騰の問題が深刻な日本のIT業界にとって、ブリッジSEは必要不可欠な存在となっています。

  • ブリッジSEの役割とは

    システム開発を国内の会社などに依頼する「ニアショア開発」と国外に依頼する「オフショア開発」において、依頼する側とされる側の橋渡しを行うのがブリッジSEの仕事です。ニアショア開発やオフショア開発が盛んに行われるようになった日本においてブリッジSEのニーズが増えていることから、ブリッジSEに関心を持つエンジニアも増えています。ブリッジSEを目指すためには、この仕事に求められていることを知る必要があります。

    続きを読む
  • 高度・広範囲なブリッジSEの仕事

    ブリッジSEの仕事は要件定義から概要・詳細設計、プログラミング、テスト、受け入れ確認、リリース、保守運用というシステム開発の一連の流れの中の「プログラミング」と「テスト」の部分を切り取って外部に依頼することです。海外に依頼する場合、日本では言わなくても伝わることが伝わらなかったり、そもそも常識が異なっていたりするため、ブリッジSEがどのように仕事の進め方や修正内容を伝えるのかが成果物の質を大きく左右します。

    続きを読む
  • 高まり続けるブリッジSEの需要

    日本は深刻なエンジニア不足が続いている状態で、今後もまだまだ同じ状態が続くと予想されています。そのような中、人件費の安い海外にシステム開発を依頼するオフショア開発を希望する企業は増えており、大企業からベンチャーまで幅広いニーズがあります。そのような中で脚光を浴びているのが、海外と日本の企業をつなげるブリッジSEの存在です。日本から海外へとシステム開発を発注するだけでなく日本が海外から受注する場合にも対応できるため、将来性を期待できる職種です。

    続きを読む
  • ブリッジSE後のキャリアは?

    ブリッジSEとしての経験をした後のキャリアパスとして考えられるのは、日本で正社員として働くか海外にとどまって働くかです。海外の働き方を見た後だと日本の働き方が窮屈なものに見えてしまいますが、最も安定した働き方であることは確かです。そのまま海外にとどまる場合は、フリーランスとしてノマドワークをするか現地採用という形が考えられます。もしくは、現地で会社を設立してオフショア開発を受注するという方法もあるでしょう。

    続きを読む

人気記事一覧

  • 非公開が基本的?その理由と探し方
    非公開が基本的?その理由と探し方

    ブリッジSE求人を探してもあまり見つからないのは、ほとんどのブリッジSE求人が非公開で募集されているからです。求人を非公開にする理由は、オフショア開発を取り入れていることを外部に知られないためです。そのため、ブリッジSE求人を探すためには非公開案件を多く取り扱っているエージェントに相談してみる必要があります。

    詳細を見る
  • ブリッジSEになるためのスキルと資格
    ブリッジSEになるためのスキルと資格

    ブリッジSEには、海外の開発チームにプロジェクトの進め方を伝えたり交渉できるだけの高い語学力とコミュニケーション力、マネジメント力などが必要になります。ブリッジSE求人に応募する際にマネジメント力の高さを証明するための資格としておすすめなのが、プロジェクトマネジメントに関する国際資格のPMPです。

    詳細を見る
  • ブリッジSEの役割とは
    ブリッジSEの役割とは

    人件費が安い国内の地方にシステム開発を発注する「ニアショア開発」や、さらに人件費が安い国外にシステム開発を発注する「オフショア開発」に欠かせないのが、発注元と発注先をつなぐ橋渡し役となるブリッジSEの存在です。システム開発の中で最も費用がかかる人件費の問題を解消すべく、ブリッジSEを必要としている企業が増えています。

    詳細を見る
Choice