エンジニア求人の注目株!ブリッジSE

「レバテックフリーランス」でブリッジSEを目指す!

「レバテックフリーランス」でブリッジSEを目指す!

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、IT系のフリーランス案件に特化したエージェントです。非公開案件がほとんどのブリッジSEを目指すなら、業界最大級の案件数のレバテックフリーランスがおすすめです。レバテックフリーランスを運営しているレバテック株式会社はレバレジーズ株式会社の子会社です。レバテックフリーランスのほかにも、レバテッククリエイターやレバテックキャリア、レバテックエキスパート、レバテックビギナー、レバテックルーキーなどを運営しています。サービス対象エリアはどんどん拡大しており、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県を中心とした関東エリアをはじめ、東海エリアとしては愛知県のみ、大阪府、兵庫県、京都府を中心とした関西エリア、福岡県、長崎県、熊本県、大分県の九州エリアから案件を探すことができるようになっています。

案件の単価が高い

レバテックフリーランス最大のメリットは、高額案件に手が届きやすくなることです。中間マージンのかからないエンド直請け案件が豊富なだけでなく、マッチング実績が豊富なことも高額案件を多く持てる要因となっています。2018年7月の時点で平均年収が862万円となっていることからも、高単価案件が一部のフリーランスだけが受けているメリットではないことがわかります。

コーディネーターが丁寧にヒアリング

マッチング精度の高さは、コーディネーターのヒアリング力にかかっています。つまり、レバテックフリーランスのマッチング力が高いのはコーディネーターのヒアリング力が高いからです。レバテックフリーランスのコーディネーターは、IT業界の事情やITに関する専門知識、技術的な知識をバランスよく身につけているプロのコーディネーターです。多くのフリーランスをサポートしてきている経験から、フリーランスが望んでいることや困っていることに対する理解もあり、必要な情報を的確に聞き取るノウハウを持っています。事前に記入するスキルシートの内容によっては、カウンセリングの場で案件を紹介してもらえる場合もあります。

サポートが充実

レバテックフリーランスには、電話やメール、SNSなど、さまざまなツールを使って相談できる環境が整備されています。気になることや困っていることなどを気軽に相談できる相手がいるのは、フリーランスにとって大きな安心です。無料で税理士を紹介したり、福利厚生サービスを受けることができたりと、案件紹介だけではないサービスも豊富です。

人気記事一覧

  • 非公開が基本的?その理由と探し方
    非公開が基本的?その理由と探し方

    ブリッジSE求人を探してもあまり見つからないのは、ほとんどのブリッジSE求人が非公開で募集されているからです。求人を非公開にする理由は、オフショア開発を取り入れていることを外部に知られないためです。そのため、ブリッジSE求人を探すためには非公開案件を多く取り扱っているエージェントに相談してみる必要があります。

    詳細を見る
  • ブリッジSEになるためのスキルと資格
    ブリッジSEになるためのスキルと資格

    ブリッジSEには、海外の開発チームにプロジェクトの進め方を伝えたり交渉できるだけの高い語学力とコミュニケーション力、マネジメント力などが必要になります。ブリッジSE求人に応募する際にマネジメント力の高さを証明するための資格としておすすめなのが、プロジェクトマネジメントに関する国際資格のPMPです。

    詳細を見る
  • ブリッジSEの役割とは
    ブリッジSEの役割とは

    人件費が安い国内の地方にシステム開発を発注する「ニアショア開発」や、さらに人件費が安い国外にシステム開発を発注する「オフショア開発」に欠かせないのが、発注元と発注先をつなぐ橋渡し役となるブリッジSEの存在です。システム開発の中で最も費用がかかる人件費の問題を解消すべく、ブリッジSEを必要としている企業が増えています。

    詳細を見る
Choice